遺品整理は黙々と作業が正解 水戸市の業者

キッチン周りの遺品整理、ゴミ仕分け ひたちなか市遺品整理

遺品整理は集中力と忍耐力のあるスタッフのみで

茨城県の水戸市で遺品整理作業でした。

ちなみに遺品整理は、
水戸市以外にも茨城県全域対応しております。

本日の現場は、
4LDKの2階の一戸建てで

ご依頼主様の立会いの下、
必要な物と不用品を
仕分けしていく作業になります。

 

長年生活していた
高齢の方のご遺品ということもあり、
物を大切にとっておく、

悪く言えば捨てれない世代ですので、
コンビニの袋まで、何でも残ってました。

母屋のほか、外の大きな納屋の中までびっしりです。

倉庫内の遺品を仕分け

次々と出てくるもの1点1点、

形見、必要な物、不用品、廃棄処分、保留で分けていきます。

全体を見ての作業も大切ですが、
この場合は、
黙々とこなす集中力が何よりも大切です。

集中力が途切れると、
形見でとっておく大切なご遺品を
廃棄の箱に入れてしまったりと間違いが増えるからです。

 

お電話でのお問合せ

029-279-0090

 

女性スタッフのほうがミスが少なく早い

遺品整理は年間200件以上こなしますが、

一概に言えませんが、
当社で言えば、女性スタッフのほうが
割と仕事の進みが早めでミスがなく、
集中力が持続する傾向にあるようです。

 

キッチン、台所は時間がかかる業者泣かせのエリア!?

「エリアK」当社ではキッチン、台所そう呼んでます。

KはキッチンだからKです、

エリアKのABC、、、
仕分け量に応じランクづけしてます。

Cほど困難な作業ということです。

キッチン周りの遺品整理、ゴミ仕分け

この画像は限りなくCに近いB
多いほうかと思います。

ほとんどがゴミですが、
生活感が残り、中身の入った調味料などが残っている状態です、

 

古くなり開けるのに一苦労する調味料のビンや缶

1本づつ中身を出しビンや缶の仕分け、

こびりついた食器や鍋の処理、

冷蔵庫の中身や食品・食器の仕分け、

まだ空けていない引き出物の食器をチェック

終了かと思いきや、

上の棚にも同じ量が、、まだありました、

これで終わりかと思いきや、

床下収納から大量の梅酒漬けと漬物の壺、、、

そして重い冷蔵庫、、

 

食器の仕分け、茨城県の遺品整理業者

そうです「エリア」と呼ばれるのは

作業面積のわりに一番進みが遅いエリアだからです。
時間対効果が薄いということですね。

「エリア」にはまることなく進めばよいのですが、
毎回そうはいきません。

作業料金も全体の荷物量より
この「エリア」の状態で
決まるといってもいいほどです。

 

ちなみにご依頼主様は、
2か月間ご自宅から現場に通い
自力で遺品整理されてたのですが、
手に負えずご依頼されたそうです。

 

どんな状態であれ黙々と丁寧に作業させていただきます

遺品整理のご依頼が来るたびに
まだお受けいただいていないお客様の案件でも
お見積りの段階から緊張し、身も心も引き締まります。

 

どのような心境でご依頼に至ったのか、
お客様により違いはありますが、大切な方をなくされた事実は一緒です。

 

その思いに対しまごころ込めて
スタッフ一同今できる精一杯の努力をしてまいります。

 

お電話でのお問合せ
029-279-0090

 

メールにてのお問合せ✉

 

遺品整理の紹介ページ

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました