タンスや食器棚の引き出しスライドレールの外し方 水戸市の不用品処分 

ひたちなか市の不用品回収

タンスや食器棚の引出しスライドレールの外し方

引越しや家具の処分で移動させるときに
重量がある場合は引き出しを外すこともあるかと思います。

しかしタンスや食器棚などの引き出しを外すときに
レールが外しづらいことがあります。

家具の引き出しは
*引いて普通に外れるレールが無いタイプ
*引いて最後斜め上に持ち上げるように引き出すデスクレールタイプ
*落下防止にレールにストッパーがあるタイプ、
他にも様々なタイプがあります。

特に最近普及されているのが
家具の引出しのレールに落下防止のストッパーか付き
ギリギリまで引き出しを手前に引き出せるスライドレールのタイプです。

収納がしやすく重いものを収納しても
ボールベアリングタイプのものは
開閉もスムーズなので、
主に食器棚などに多く採用されています。

レールにストッパー付くタイプの引き出しは
引っ張り出しても外せないことが多く
四苦八苦する方も多いようです。

今回はストッパー付きの引き出しの
レールの外し方をご紹介いたします。
覚えておくと便利です。

スライドレールの外し方

家具に取付けられているレールにも様々な種類がありますが、
一般的に採用されている
ストッパーつきの
ボールベアリングタイプの外し方をご紹介いたします。

言葉で説明するより詳しく解説している動画があります。
まずは下の動画をご覧ください↓

【ひらた家具店】フルスライドレールの外し方【タンスの引出】

いかがでしたでしょうか?

「ひらた家具店」さんのわかりやすいプロならではの動画ですね。

ツマミを一方で押し下げ、
もう一方で押し上げながら引き出すようですね。

つまみの方向が
右と左は逆パターンになっているのは、
おそらく、とっさに抜けないための安全対策と思われます。

右左のツマミが動画とは
逆パターンのスライドレールも存在しますので、

上手く引出しレールが外れない場合は、
ツマミの形状を良く見て
押し上げるツマミか押し下げるようになっているツマミか確認しましょう。

引出しのスライドレールを外すときの注意点

*重い物を中に入れたままレールを外さない

重いものは必ず取り出してください。

引出しを家具本体から外す時は重いものが中に入ったままですと
レールが外れた時の重みに耐え切れず落下の危険性があります。

特に食器棚のような場合、割れ物もあり重量もあります。
危険ですので必ず中身を出してから行いましょう。

落下予防にもなりますし
最悪のケースではレールが変形し傷めてしまいやすく
使い物にならないケースもあります。

面倒でも必ず中身を空にしてからレールを外してください。

 

 

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました