カラーボックスを分解して粗大ゴミとして出す方法

日立市の不用品回収

不用品のカラーボックスは分解して処分費用を安く済ませる

カラーボックス、
収納家具
本箱

何種類かよびかたあります。

下の動画を見てください。

お客様からいただいた
やや雑な動画ですが、
カラーボックスはほぼ同じような構造ですので

この方法で分解後、

ノコギリなどで
各自治体の定める大きさに切断すれば

粗大ゴミとして出すことができます。

 

粗大ゴミに出せれば、
不用品回収業者に依頼するより
ぐっと安く済む可能性があります。

 

ちなみに動画では
電動ドライバーですが
普通のプラスドライバーでもOKです。

 

 

今すぐ引取りご依頼!
まごころ回収便
タップで発信
050-3568-7555

 

キレイなカラーボックスなら リサイクルショップに引取りしてもらおう

当然ながらキレイな場合は、

リサイクルショップなどで

引取りや買取りしてもらえれば、

ゴミとして処分する手間や費用も省けます。

 

 

今すぐ引取りご依頼!
まごころ回収便
タップで発信
050-3568-7555

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました